• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

意外に多い…苦しい言い逃れで墓穴を掘る人のパターン

 女性職員へのセクハラで市長を辞職した狛江市の高橋都彦前市長(66)は、言い逃れでしくじった典型的なケースだ。

「車内で手を握られた」と被害女性に指摘されると、「握手のつもりで握った」と釈明。「エレベーターで腰に手を回された」という主張には、「何らかの“弾み”で体に触れた」と答える始末。子供でも、もっとマシな言い訳を考えそうだが、その場しのぎの言い逃れだ。

 成人式当日に経営破綻した振り袖販売業「はれのひ」の篠崎洋一郎社長(55)は、騒動当日にスタッフに対応を任せて雲隠れしていたことについて「当日は逃げてはいない」と反論。記者から「ではなぜ、店に出てお客に直接謝らなかったのか?」と畳み込まれると、「社員も減って、自分ひとりで対応できるかと……」と泣き顔だった。客に罵声を浴びせられるのが嫌だったのだろうが、下手な言い訳はしない方がいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る