「ウエディングドレスを着ると婚期が遅れる」は本当か?

公開日:

 娘を持つお父さんは気が気でないかも……。

 冠婚葬祭業大手「サン・ライフ」(本社・平塚市)が、夏休み子供イベントで小学生の女の子を対象にした挙式体験を行う。

「昨今は“ナシ婚”といわれるように挙式・披露宴を行わないカップルが増えていますが、将来にわたって残したい文化と考えています。ウエディングドレスを着て、実際のチャペルで本番さながらの挙式体験をします。昨年も同様のイベントを開催しており、多くの女の子に喜んでもらえました」(サン・ライフ広報担当者)

 とはいえ、未婚女性がウエディングドレスを着ると、“婚期が遅れる”ともいわれる。ただのジンクスであればいいが、何か根拠があるのか?

 同じく婚期が遅れるとされるものに、未婚女性が「猫や犬を飼うと結婚できない」というものがある。これには一応の根拠があって、ペットを可愛がると、脳下垂体から愛情ホルモンと呼ばれる「オキシトシン」が分泌される。これは赤ちゃんを抱っこした時と一緒。未婚女性がペットで満足してしまうのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  6. 6

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る