柳亭こみちさん<2>丸洗いできるスーツにズックで書店回り

公開日:

 アルクは「直行」「直帰」がない会社だった。毎日8時半に始まるミーティングの前に出社し、日中は書店を回り、会社に戻るのは7時ぐらい。そこから内勤をこなすので、退社は夜の10~11時になった。

「夕方の5~6時ぐらいにリポビタンDを飲んでから、もうひと踏ん張りという毎日でしたね。最初は東村山市の実家から永福町の会社まで通っていたんですが、体がきつくて……。1年目の終わりごろには高井戸のアパートで一人暮らしを始めました。会社まで自転車で12~13分。帰宅して寝るころには、1キロカロリーも残っていないという感じで、倒れ込むように寝ていました」

 担当は京王線と中央線、それに新宿。新宿といえば、紀伊国屋書店の本店だ。毎週月曜日は、この日本を代表する大店に入り浸っていた。

「本は土日に売れるので、月曜日に売り場を回るのです。足りないものがないかをチェックしながら、どんな本が売れているのか、表紙のデザインは? タイトルは? と、すべての階で確認するんですね。紀伊国屋は南口店もあったので、一日で回りきれないときは火曜日も行きました。書店営業は基本中の基本。そこで拾い集めた情報は、次に出版する書籍に反映されます。実際にタイトルや表紙で書店営業部がOKを出さない本は出版できなかったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る