寄付はノーサンキュー 土地が手放せない苦悩と国の言い分

公開日:

 かわいそうな土地だ――。今国会で、所有者が不明になっている土地を有効に利用するための特別措置法が成立し、都道府県知事の判断で10年間、公益目的で使えるようになる。所有者不明土地は九州を上回る面積があるとされているが、所有者が分かっている土地にも難問が潜んでいた。手放したくても、手放せないのである。

 政府は8日の閣議で、2018年版の「土地白書」を決定した。空き地の所有者5000人に行ったアンケート調査で、半数弱が「所有に負担を感じたことがある」とし、うち約4分の1は「売れる見込みはないが、手放せるものなら手放したい」と回答した。

 調査は今年2月、所有者が分からない土地が増えている問題を受け、インターネットを利用して初めて実施。全体の47・4%(2368人)が負担を感じたことがあると答え、「手放したい」とした602人のうち、半数が費用を支払ってでも手放したいとの考えを示した。居住地から離れた土地の草刈りや見回りといった管理に、手間や費用がかかることが負担感を持つ一因とみられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

もっと見る