• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

寄付はノーサンキュー 土地が手放せない苦悩と国の言い分

 かわいそうな土地だ――。今国会で、所有者が不明になっている土地を有効に利用するための特別措置法が成立し、都道府県知事の判断で10年間、公益目的で使えるようになる。所有者不明土地は九州を上回る面積があるとされているが、所有者が分かっている土地にも難問が潜んでいた。手放したくても、手放せないのである。

 政府は8日の閣議で、2018年版の「土地白書」を決定した。空き地の所有者5000人に行ったアンケート調査で、半数弱が「所有に負担を感じたことがある」とし、うち約4分の1は「売れる見込みはないが、手放せるものなら手放したい」と回答した。

 調査は今年2月、所有者が分からない土地が増えている問題を受け、インターネットを利用して初めて実施。全体の47・4%(2368人)が負担を感じたことがあると答え、「手放したい」とした602人のうち、半数が費用を支払ってでも手放したいとの考えを示した。居住地から離れた土地の草刈りや見回りといった管理に、手間や費用がかかることが負担感を持つ一因とみられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る