議論沸騰“夫のすぐ寝る問題” 妻のイライラ心理と対処法

公開日:

「寝ていれば愚痴を聞かなくても済むし、奥さんから『私の話を聞いていない!』と怒られることもないですから、ラクですよね。でも、彼女たちにすれば『下手に起こしたら機嫌が悪くなりそうだし』『疲れているんだろうな』という夫に対する気疲れと、『聞いてほしい話が言えない』というストレスに加え、夫に直接、文句を言えないストレスが積み重なって、じわじわとボディーブローのように効いてくるのです」(岡野あつこ氏)

 その場でケンカにでもなれば、妻にとってはある意味ストレス発散になるが、“すぐ寝る夫”の場合はそれもできない。揚げ句、「自分は起きて家事や育児をしているのに、夫は寝てやがる」という不平等感だけが募っていく。

「すぐ寝るのもそうですが、『ソファでうたた寝するから邪魔』『寝るなら最初からベッドや布団で寝てほしい』『○時に起こしてと言っておきながら、全然起きない』という怒りも多いですね」(岡野あつこ氏)

 1秒でも早く眠りにつきたい気持ちは分からないでもないが、起きたら「いつもすぐ寝ちゃってごめん」と素直に謝る。妻の話には一生懸命耳を傾ける。

 ご機嫌な妻でいてもらった方が、安眠できるってものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る