• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

議論沸騰“夫のすぐ寝る問題” 妻のイライラ心理と対処法

「寝ていれば愚痴を聞かなくても済むし、奥さんから『私の話を聞いていない!』と怒られることもないですから、ラクですよね。でも、彼女たちにすれば『下手に起こしたら機嫌が悪くなりそうだし』『疲れているんだろうな』という夫に対する気疲れと、『聞いてほしい話が言えない』というストレスに加え、夫に直接、文句を言えないストレスが積み重なって、じわじわとボディーブローのように効いてくるのです」(岡野あつこ氏)

 その場でケンカにでもなれば、妻にとってはある意味ストレス発散になるが、“すぐ寝る夫”の場合はそれもできない。揚げ句、「自分は起きて家事や育児をしているのに、夫は寝てやがる」という不平等感だけが募っていく。

「すぐ寝るのもそうですが、『ソファでうたた寝するから邪魔』『寝るなら最初からベッドや布団で寝てほしい』『○時に起こしてと言っておきながら、全然起きない』という怒りも多いですね」(岡野あつこ氏)

 1秒でも早く眠りにつきたい気持ちは分からないでもないが、起きたら「いつもすぐ寝ちゃってごめん」と素直に謝る。妻の話には一生懸命耳を傾ける。

 ご機嫌な妻でいてもらった方が、安眠できるってものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  5. 5

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  10. 10

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

もっと見る