議論沸騰“夫のすぐ寝る問題” 妻のイライラ心理と対処法

公開日:

「寝ていれば愚痴を聞かなくても済むし、奥さんから『私の話を聞いていない!』と怒られることもないですから、ラクですよね。でも、彼女たちにすれば『下手に起こしたら機嫌が悪くなりそうだし』『疲れているんだろうな』という夫に対する気疲れと、『聞いてほしい話が言えない』というストレスに加え、夫に直接、文句を言えないストレスが積み重なって、じわじわとボディーブローのように効いてくるのです」(岡野あつこ氏)

 その場でケンカにでもなれば、妻にとってはある意味ストレス発散になるが、“すぐ寝る夫”の場合はそれもできない。揚げ句、「自分は起きて家事や育児をしているのに、夫は寝てやがる」という不平等感だけが募っていく。

「すぐ寝るのもそうですが、『ソファでうたた寝するから邪魔』『寝るなら最初からベッドや布団で寝てほしい』『○時に起こしてと言っておきながら、全然起きない』という怒りも多いですね」(岡野あつこ氏)

 1秒でも早く眠りにつきたい気持ちは分からないでもないが、起きたら「いつもすぐ寝ちゃってごめん」と素直に謝る。妻の話には一生懸命耳を傾ける。

 ご機嫌な妻でいてもらった方が、安眠できるってものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

もっと見る