一緒に撮って長所を…“顔にあざ”犬のプロジェクトが話題

公開日:

 顔に黒いあざがある犬の“プロジェクト”が共感を呼んでいる。

 米ニュースサイト「グッド・ニューズ・ネットワーク」(9日付)によると、米ネバダ州リノに住む女性弁護士ベロニカ・ピーターソンさんは、1歳になるゴールデンレトリバーを子犬の時に引き取り、「ジャッジ(裁判官)」と名付けて飼い始めた。

 ジャッジには鼻筋の部分に非常に目立つ黒いあざがある。それが、ベロニカさんがジャッジを引き取ることにした際の「決め手」だったという。

 ジャッジを連れて散歩しているとひんぱんに「ユニークなあざですね」「あざは生まれながらですか?」などと質問される。そのうち、ジャッジのあざに感想を言う人々に、「あなたのユニークな点はなんですか?」と質問したい気持ちが高まってきたという。

 そこでベロニカさんが昨年10月にインスタグラムで始めたのが、「The Remarkable Golden」というプロジェクト。ジャッジに興味を持った人とジャッジのツーショットを撮影し、その人に自分のユニークな点や長所を話してもらい、キャプションにそのコメントを書いて公開するのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

もっと見る