• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

一緒に撮って長所を…“顔にあざ”犬のプロジェクトが話題

 顔に黒いあざがある犬の“プロジェクト”が共感を呼んでいる。

 米ニュースサイト「グッド・ニューズ・ネットワーク」(9日付)によると、米ネバダ州リノに住む女性弁護士ベロニカ・ピーターソンさんは、1歳になるゴールデンレトリバーを子犬の時に引き取り、「ジャッジ(裁判官)」と名付けて飼い始めた。

 ジャッジには鼻筋の部分に非常に目立つ黒いあざがある。それが、ベロニカさんがジャッジを引き取ることにした際の「決め手」だったという。

 ジャッジを連れて散歩しているとひんぱんに「ユニークなあざですね」「あざは生まれながらですか?」などと質問される。そのうち、ジャッジのあざに感想を言う人々に、「あなたのユニークな点はなんですか?」と質問したい気持ちが高まってきたという。

 そこでベロニカさんが昨年10月にインスタグラムで始めたのが、「The Remarkable Golden」というプロジェクト。ジャッジに興味を持った人とジャッジのツーショットを撮影し、その人に自分のユニークな点や長所を話してもらい、キャプションにそのコメントを書いて公開するのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る