日大広報が“上から目線”を貫く深層心理に承認欲求と虚栄心

公開日:

 膿を出し切る。安倍首相はよく口にするが、モリカケ疑惑はその場しのぎの対症療法で逃げようとするのがミエミエだ。その言葉とは裏腹に、膿を出し切ろうとしないから、次から次へと疑惑が湧いてくる。悪質タックル問題で炎上した日大も同じで、加害学生の会見を受けて、前監督や大学が慌てて会見する始末。それでも日大側はなかなか非を認めようとしなかった。謝れない人たちの頭の中はどうなっているのか――。

 自らのミスをわびるための謝罪会見で、逆ギレする人は時々いる。2000年6月、死者1人、被害者約1万5000人を出した雪印集団食中毒事件の対応に追われた当時の石川哲郎社長は、商品の全面回収を発表した会見の場で、「私は寝てないんだよ!」と逆ギレして大ひんしゅくを買った。今なお語り継がれる謝罪会見の“黒歴史”だ。

「寝てないんだ」発言に匹敵する逆ギレぶりを披露したのが、先月23日に行われた日大アメフト部の内田正人前監督(62)と井上奨前コーチ(30)の会見を仕切った日大広報部の米倉久邦職員だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る