ブーム到来? 注目ワード「濃い」が“お得感”くすぐり好調

公開日:

 いま、「濃い」というワードが注目だ。たとえば飲料業界。今年3月発売の「濃いめのカルピス」(アサヒ飲料)が好調だ。文字通り、“濃いめ”に仕立てたカルピスで、主力ブランド「カルピスウォーター」より明らかに味が濃い。

「5月の出荷量は130万ケース。カルピスブランドで3カ月という短期間で100万ケースを突破するのは珍しい。予想を上回る売れ行きです」(広報担当者)

 “濃いめ”なのに、主力の「カルピスウォーター」と同価格(希望小売価格140円)。単純にオトク感アリだろう。

 カップ麺でも「濃い」ワードが登場した。やはり3月にリニューアルした「日清焼そばU.F.O.」。発売40年のロングセラー商品だが、パッケージに“濃い濃いソース!”の大文字が躍る。

「U.F.O.の特長である濃厚ソースの魅力をストレートに、かつ端的に伝える言葉で、いい感じでスタート出来ました」(日清食品広報担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る