柳亭こみちさん<1>「採用試験を受けさせて」と手紙出した

公開日:

 歯切れのいい口調の古典落語でファンを魅了するこみちさんは、落語協会で6人目の女性噺(はなし)家だ。2003年に柳亭燕路に入門し、昨年9月に真打ちに昇進。その実力は二つ目の時代から知られるところで、今後の活躍が大いに期待されているが、もともとは出版社で営業をやっていた。

 早大第二文学部を卒業した1999年は就職氷河期の真っただ中だった。希望は出版社かラジオ局だったが、エントリーシートの段階で門前払い。首尾よく面接に進んでも最終で落とされる。それでも2社から内定をもらえたが、満足はできなかった。

「何としてもここで働きたい、と燃えられる会社じゃなかったんですよ。就職活動でテーマにしていたのは、日本人と外国人の心の交流です。外国の文化や書籍を紹介したり販売したりする仕事をしたかったんです。それでエントリーシートにも、アジア人と欧米人、黒人が手をつないでいる絵を描いたりして。面接では、いろんな人と仲良くなるのは楽しいんだって伝えていきたいって、“みんなで楽しく世界平和”みたいなことを訴えました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  6. 6

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る