元総合格闘家・大山峻護さん 元アイドルの妻が減量を支援

公開日:  更新日:

 幼い頃から始めた柔道をバックボーンに、総合格闘家としてPRIDEやK1、HIRO’sで活躍。ピーター・アーツやヘンゾとホドリゴのグレイシー兄弟を撃破している。失明の危機や骨折を乗り越えて、2014年まで現役を続けた。現在は格闘技のファイトとフィットネスを融合させた「ファイトネス」を主宰。心と体の健康増進エクササイズプログラムを行っている。

「現役時代は上限83.9キロのミドル級(総合格闘技)だったので、94キロくらいの僕は、試合前の1カ月半で10~12キロの減量をしてました。そう聞くと結構大変だと思うんですけど、そんなに無理なく苦もなく、自然と減量できてましたね」

 引退後に始めた「ファイトネス」は、すでに80社以上の企業で研修を実施している。経営者層からの支持は厚く、最近は会食の機会も増えた。おかげで体重は現役当時と変わらないものの、筋肉量は違ってきたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る