• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米女性警官が土砂降りの中…道路の真ん中に立っていたワケ

 米メリーランド州グリーンベルトに住むキャロライン・ハメットさんは先日、土砂降りの雨の中を夫とともに車で自宅に向かう途中、不思議な光景に出くわした。女性警官が道の真ん中で傘も差さず、ずぶ濡れになって立っていたのだ。彼女は足元を見つめながら満面の笑みを浮かべていた。

 しかしさらに近づくと、事情が分かった。

 彼女の足元にはカミツキガメがのんびりとうずくまっていたのだ。視界の悪さを考えれば、車にひかれても全く不思議ではない。とはいえ、カミツキガメを素手でつかんで移動させるのは極めて危険だ。

 女性警官は動物管理局に連絡したが、連絡がつかなかったため、カメのそばに立って走ってくる車に警告を出し、守っていたのだ。

 動物専門情報サイト「ザ・ドードー」(5日付)によると、夫が傘を女性警官に差し出している間に、キャロラインさんは急いで自宅に戻り、スコップを2本持ってきて、それでカミツキガメを道路脇に移動。3人はお互いに動物愛護の精神をたたえ合いながら、別れて自宅に戻った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る