進化する企業の「ショールーム」は今や雑学ネタの宝庫に

公開日:

 ショールームと聞いて思い浮かぶのはクルマやキッチン、家具など、企業が自社製品を展示するギャラリーだろう。ウインドー越しの商談はよく見かける光景だが、用事がなければ入ることもない場所だ。ところが最近は、気軽に立ち寄ることができて便利でお得、雑学ネタの宝庫にもなっている。

 コーヒーマシンメーカーの「デロンギ表参道」(℡03・4582・2281)は、2016年にオープンしたショールーム。種類の違う全自動コーヒーマシンが7台、カウンターに置かれていて、全てのマシンで試飲ができる。エスプレッソを立ち飲みすると、どこか本場イタリアを思わせる。デロンギ専属のバリスタがコーヒー豆の選び方や本格コーヒーの入れ方などを好みに合わせて教えてくれるサービスも。カフェラテのスチームミルクでアートを作るラテアートの無料体験やコーヒー講座(一部有料)も定期的に開催。先日は陶芸教室で制作したオリジナルカップで飲む本格コーヒーの特別試飲会を行った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る