• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【醤潑豆腐】酒が大いに進む“和食ラブ”も愛する豆腐料理

 梁さんの4軒目となる「老酒舗」は、初めて「味坊」の名前を外した店。「味坊といえば羊肉」であるが、羊肉のメニューはない。また、ほかの店では、日本における自然派ワインの第一人者、勝山晋作氏セレクトの泡・白・ロゼ・赤のワインがずらりと並ぶが、「老酒舗」ではワインのほか、焼酎や日本酒などさまざまな酒をそろえている。

「味坊とは違う、中国本場の居酒屋を意識しました。御徒町には居酒屋が多いですが、“中華風居酒屋”と看板にあっても、皿を小さくしているだけで、普通の中華料理屋と変わらない。老酒舗では、1970年代の北京の酒屋で出されていたつまみを出しています」

 手作りのドラム缶の窯で焼いた丸鶏、麻辣串(串に刺した中国版おでん)、土鍋で煮込んだ肉団子などをつまみに、酒を1杯、2杯、3杯……。飲みながら中国語で会話をする会、切りたて生ハム店主を呼ぶ会など、いろんな会がゆるーく行われているのも魅力的。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  6. 6

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  7. 7

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  8. 8

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  9. 9

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  10. 10

    セネガル戦は苦戦必至 日本のキーマンとリスク回避策は?

もっと見る