大阪府職員は訓告処分に 「喫煙離席」どこまで許されるか

公開日:

 大阪府の健康医療部の男性職員(49)が、たばこを吸うため、勤務時間中に繰り返し無断で職場を抜け出し、訓告処分になった問題。

 処分は4月16日付で、職員は同日、依願退職したという。府が5日、明らかにした。

 府によると、今年3月上旬に公益通報があり、健康医療部の他の職員が勤務中の行動を確認したところ、府庁の近くにある民間ビルの喫煙室で喫煙していることが判明。まあ、庁舎内は全面禁煙だから、抜け出すしかなかったようだ。

「本人から聞き取り調査もした結果、2016年4月から2年間で、計約440回、100時間以上、喫煙のために職場を離れていたことが分かりました。本人は『仕事でストレスがたまっていました』と話しています。なぜ依願退職? 本人ではないので、答えようがありません」(総務部人事課担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る