• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

Amuni(和歌山) 活け締めの天然魚をイタリアンで

 うまいものを求めて行動する人たちが増えたせいか、グルメの波動円は大きくなり、大阪の繁華街さながらの店が地方にも立地するようになった。私が先日訪れた和歌山の「アムニー」もその一例で、和歌山にいることを忘れ、ついつい長居してしまった。

 同店は36歳の前川幸輔さんが営む伊料理店。駿河町でやっていたのだが、「ゆっくり食事できる空間をつくりたい」と3カ月ほど前に近くの西ノ店に移転して来た。伊料理店というと、ピザ・パスタが中心で、どうしても炭水化物系料理ばかりになりがちなのだが、ここはそうではない。「うちではパスタを一切注文しない人が多いですね」と話すくらいだ。

「アムニー」は和歌山の伊料理店らしく、地元で水揚げされた活き締めの天然魚を使った料理が目立つ。おまけに時折、県内の猟師が仕留めた鹿や猪の肉も入ってくるそうで、それを前川流に調理して提供してくれる。前川さんは以前、イタリアへ渡って料理修業をした経緯がある。シチリアで働いていたこともあってクスクスなど北アフリカ色も料理に取り入れているそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  5. 5

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  8. 8

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  9. 9

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  10. 10

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

もっと見る