• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

Amuni(和歌山) 活け締めの天然魚をイタリアンで

 うまいものを求めて行動する人たちが増えたせいか、グルメの波動円は大きくなり、大阪の繁華街さながらの店が地方にも立地するようになった。私が先日訪れた和歌山の「アムニー」もその一例で、和歌山にいることを忘れ、ついつい長居してしまった。

 同店は36歳の前川幸輔さんが営む伊料理店。駿河町でやっていたのだが、「ゆっくり食事できる空間をつくりたい」と3カ月ほど前に近くの西ノ店に移転して来た。伊料理店というと、ピザ・パスタが中心で、どうしても炭水化物系料理ばかりになりがちなのだが、ここはそうではない。「うちではパスタを一切注文しない人が多いですね」と話すくらいだ。

「アムニー」は和歌山の伊料理店らしく、地元で水揚げされた活き締めの天然魚を使った料理が目立つ。おまけに時折、県内の猟師が仕留めた鹿や猪の肉も入ってくるそうで、それを前川流に調理して提供してくれる。前川さんは以前、イタリアへ渡って料理修業をした経緯がある。シチリアで働いていたこともあってクスクスなど北アフリカ色も料理に取り入れているそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る