• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

青島健太さんが正月食べ続けた 郷土・新潟料理「のっぺ」

 社会人野球の東芝を経てヤクルトスワローズの選手に。その後、33歳でスポーツライターに転身した。「BSスポーツニュース」をはじめ多くの番組でキャスターやコメンテーターとしても活躍し、現在は鹿屋体育大学などで客員教授も務める。

 両親は新潟出身。昨年他界した父・一男さんは大学出の会社員で母・静子さん(85歳)は書道を教える主婦だった。青島さんも新潟市で生まれたが、6歳で埼玉・草加市へ転居。両親、4歳下の妹の4人で公団で暮らしていた。

「母は本当は医者になってほしかったんです。母方の祖母の家は代々新発田藩の御典医で、母にとってはそれがプライドでしたから」

 裕福な家庭に生まれた静子さんは男6人女4人の10人きょうだいの末っ子。外科医や軍人、柔道の師範になった兄がいて夏休みなどには伯父さんたちにかわいがってもらった。息子にも安定した職業に就いてもらいたいと思ったようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る