• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

焼肉きんぐの「物語コーポ」社長・加治幸夫さんの巻<4>

ジョエル・ロブション(東京・恵比寿)

■グランメゾンは苦手でも抜擢する理由

 フレンチのグランメゾンは、概して緊張するので、リラックスして食事ができません。飲食業界で生きているので、「何事も経験」とフランスに行ったときは、ピエール・ガニェールやミシェル・ブラス、アラン・デュカスなど、世界に名だたるグランメゾンを経験しました。でも、楽しめませんでした。

 その点、ロブションは楽しめます。フィロソフィーというか戦略がしっかりしているんです。

 ブランド拡張戦略で、グランメゾンを頂点に、セカンドダイニングやバー、式場などを多角的に展開していますが、チェーンではない。それぞれに専門性があって、原理原則が徹底しています。それでいて、どの店舗もフレンドリーに対応してくれるので、楽しめるんです。

 グランメゾンが苦手な理由のひとつに、ソムリエがあります。「お客さまのお好みはいかがですか?」と電話帳のような分厚いワインリストを渡されても、分かりませんよね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る