郷ひろみさん母親が被害に オレオレ詐欺被害を防ぐヒント

公開日:

 歌手・郷ひろみ(62)の80代の母親が現金200万円をだまし取られたオレオレ詐欺事件。

“かけ子”グループの6人が警視庁に逮捕されていたことが28日までに分かったが、郷の“証言”などから特殊詐欺被害を防ぐヒントが見えてきた。

 郷が27日の全国ツアー初日公演で明かした話などをまとめると、事件のあらましはこうだ。

 2月5日、目黒区内に住む郷の母親に、「もしもし僕だけど」と電話があった。郷を名乗る男はかばんを盗まれて現金が必要になったので用意してほしいと、200万円を超える額を要求。「このことは誰にも言わないで」と念を押してきたという。

「郷さん本人に電話をかけ直して確認すれば被害を防げたはずですが、高齢者は判断力も鈍りがちです。わが子を思うあまり、冷静さを失っていたらなおさらで、当然のことができなかったりします」(警察関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る