• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

売り手市場でも「狭き門」 就活生をニートにする親の一言

 2019年春卒業予定の就活は、面接などの選考が6月1日に解禁される。今年は、より「大手志向」が強まっているようだ。

 リクルートワークス研究所によると、従業員5000人以上の大手企業を目指す19年卒予定の大学生・大学院生は、18年卒と比べ、約12%増の13万8800人。だが、採用枠は約5%増の5万1400人で、求人倍率は0.37倍。売り手市場でも、大手は相変わらずの「狭き門」だ。

 就職情報大手ディスコの調査では、「1学年上の先輩と比べて就職戦線が楽になる」と考える19年卒の学生は50.4%(昨年11月時点)と、18年卒の約2倍。

 明治大就職キャリア支援センターの担当者は、「『楽に決まりそう』『大手から内定をもらえそう』と考える学生が少なくない」と話す。

 楽観的に考えている学生が多いようだが、実際に大手に入れるのは、およそ2.7人に1人。大多数が大手からはじかれるわけで、プライドが高すぎて現実が受け入れられず、自暴自棄になってニート……なんて話はよく耳にする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  2. 2

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  3. 3

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  4. 4

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  5. 5

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  6. 6

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

  9. 9

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  10. 10

    スーパーボランティア尾畠氏 東京五輪で“政治利用”の懸念

もっと見る