• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

中尾彬さんの財布はカフェのギャルソンが使う40年モノ

 中高年にとって避けて通れない「終活」。それぞれの事情にかかわらず、不動産、預貯金、お墓などに関しては生前に決めておかないと残された人が途方に暮れてしまう。

 芸能界を代表するおしどり夫婦、中尾彬さん、池波志乃さん夫妻は5年前に遺書を書くことから「人生の終わりの準備」を始めた。そして沖縄のセカンドハウス、木更津の中尾さんのアトリエ、身の回りのものも処分、これらをつづった共著「終活夫婦」を上梓した。

 なにはさておき、まずお金である。財布の紐を握っているのは池波さんで、中尾さんが「うちは大丈夫かね」と聞くと池波さんは「大丈夫、腐るほどありますから」と答えるそうだが、果たして中尾さんの財布にはいくら入っているのか。

「いつも入っているのは10万円くらいかな。財布を置いておくと、志乃が入れてくれるけど、いくらかは数えたことがないね。帰りに寄る場所がある時は多めだし、今はカードもあるからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ベトナムに完封負けも…森保U-21代表は優勝候補の韓国回避

もっと見る