メリット大なのはお客より店 紳士服「2着目1000円」の真実

公開日:

 格安紳士服チェーンに行くと、1着2万円台、1着3万円台、1着4万円台などと、段階別の価格表示でスーツをズラリと並べています。このように、下位から順に価格帯を揃えて陳列する場合、一番売れるのは真ん中の3万円台です。

 お寿司屋さんの握りメニューを思い出してください。「松2000円・竹1500円・梅1000円」と同じで、松はぜいたく、梅はチープと思わせ、中間の竹を無難だから選択させる要領です。一番売りたい商品には上下に価格帯を設けるとよいのです。

 こんな売り方のほかに「抱き合わせトリック」という効果的な販売手法もあります。1着3万円のスーツを購入し、2着目も買うなら、2着目は1000円で売ります――という商法です。

 2着目が1000円なら、1着当たりの平均単価は、3万1000円を2で割って1着1万5500円! お客さんは、2着買わないと損することになりますから、まず確実に2着目も選ぶはずです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る