• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メリット大なのはお客より店 紳士服「2着目1000円」の真実

 格安紳士服チェーンに行くと、1着2万円台、1着3万円台、1着4万円台などと、段階別の価格表示でスーツをズラリと並べています。このように、下位から順に価格帯を揃えて陳列する場合、一番売れるのは真ん中の3万円台です。

 お寿司屋さんの握りメニューを思い出してください。「松2000円・竹1500円・梅1000円」と同じで、松はぜいたく、梅はチープと思わせ、中間の竹を無難だから選択させる要領です。一番売りたい商品には上下に価格帯を設けるとよいのです。

 こんな売り方のほかに「抱き合わせトリック」という効果的な販売手法もあります。1着3万円のスーツを購入し、2着目も買うなら、2着目は1000円で売ります――という商法です。

 2着目が1000円なら、1着当たりの平均単価は、3万1000円を2で割って1着1万5500円! お客さんは、2着買わないと損することになりますから、まず確実に2着目も選ぶはずです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事