須田鷹雄さん<2>西船橋駅の輸送主任代行は食事作りが仕事

公開日:

 研修を終えると、西船橋駅に配属された。最初の半年はみどりの窓口を担当し、後半の1年半は輸送主任代行だったという。

「窓口は2つで、4月と盆と正月は定期券の切り替えや特急の指定券などの販売でとにかく忙しかった。一日窓口に入ると肩がパンパンでした。でも、輸送主任代行は楽でしたね。ホームに立ってドアを閉めてよしという合図を送る駅員がいますよね。輸送主任の主な役目はあれで、代行はそのサポートです。あの合図は客扱終了合図、客終合図と言いますが、必ずやるのは朝と夕方のラッシュ時で、すいている時間はホームにいてもいなくてもよかった。だから楽でしたね」

 楽な仕事を補うのか、大事な仕事があった。

「僕の担当は武蔵野線と京葉線が発着する9番線と10番線で、社内では第5ホームと呼ばれます。第5ホームの代行は、助役と輸送主任のための晩飯を用意する決まりだったのです。だから、『今夜は何を作ろうか』と食事のことばかり考えていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る