• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

瀬戸内・山陰の旅 周南市「タクシーで酒蔵巡り」の愉しみ

 岩国市の「獺祭」(旭酒造)や萩市の「東洋美人」(澄川酒造場)など、山口県には全国的に知られたブランド日本酒が多い。出荷量も10年連続で増えていて、酒どころとしても注目されてきた。地元の酒蔵を専用タクシーで巡るツアーが話題の周南市を訪れた。

 JR徳山駅からすぐの発着場「まちのポート」で「タク酒ー(しゅー)」に乗り込む。トックリのロゴが印象的なこのクルマ、快適にお酒を楽しめるように車体の揺れが少ないタイヤを使用しているという。

 ツアーは、中島屋酒造場→山縣本店→はつもみぢの3蔵を回り、蔵見学と試飲が楽しめる(1人5800円=2人利用、所要時間2時間半)。

「空いた時間を使って訪れる出張族や若い女性グループのお客さまが多いです。今は県内の19蔵にスタンプが置いてあり、その『御酒印帖』を集めるためにツアーに参加する方もいますね。お土産のおちょこは萩焼です」(周南観光コンベンション協会の向上潤さん)

 来年200周年を迎える「はつもみぢ」(1819年創業、周南市飯島町1―40、℡0834・21・0075)は、飲み屋街の中にある酒蔵だ。1985年に一度は酒造りをやめたが、12年前に再開したという。

「四季醸造で1年酒を仕込んでいます。ただ、1回の仕込みで造れるのは1000リットル程度とわずか。その分、毎回フレッシュな酒を提供できるのが売りですね」(社長で杜氏の原田康宏さん)

 地酒「原田」は、地元産の山田錦を使用しスッキリとした味わい。帰りの心配がないからついつい飲み過ぎてしまう。

 日本海に面する長門市油谷湾には“世界3大美女”のひとり、楊貴妃伝説が残る。

 中国唐時代、戦乱を逃れて流れ着き、ここで亡くなったというものだ。油谷湾は波が穏やかで、静か。そんな海と一体化したのが「油谷湾温泉 ホテル楊貴館」(山口県長門市油谷伊上、℡0837・32・1234)の露天風呂だ。滑らかな湯に冷たい潮風が心地いい。ボーッと長湯してしまう。

 広島には原爆ドーム、おりづるタワーと観光名所が多いが、JR広島駅近くの「広島お好み物語 駅前ひろば」(広島市南区松原町10―1)も楽しい。ワンフロアに16店舗が集まっていて、旅行でも出張でも、気軽に立ち寄れる。

 あちこちから、ソースの匂いが漂う。「そぞ/拾番」の大根おろし&ねぎ掛けは濃厚なオリジナルソースに麺もぎっしり。それでいて大根おろしが口当たりをまろやかにするから、ガッツリなのにいくらでも胃に収まる感じだ。勢いに任せて「もくれん」にハシゴし、とろっ玉チーズを注文。テッパンの上で、卵を溶いてチーズを混ぜる。食べる直前にお好み焼きにかけられる。洋風! オムレツのような新鮮さにハマりそう。

 広島空港を利用するなら、目と鼻の先にある「八天堂カフェリエ」(三原市本郷町善入寺用倉山10064―190、℡0848・86・8622)で隣接する工場を見学するのが面白い。東京にも駅構内に売店がある人気のクリームパンの店だ。1日4万個製造し、2万個以上空輸しているのだとか。見学は75分(お土産付きで300円=5月末まで。6月からは500円)。本格的な全身真っ白の作業着に着替え、作業場に入る。

「職人は50人。人材育成に力を入れています。成形から包装まで職人が手作業で心をこめて作っている背景を見学を通して知ってもらいたいと考えています」(担当者)

 カスタード作りも手作業。職人が大きなボウルを抱えている。「機械を使うよりも、人が調整してかき混ぜたほうがコクが出るんです」(前出の担当者)という。カフェリエに立ち寄って、「Cafelieスイーツプレート」(1550円)も。フレンチトースト風に焼き上げたクリームパンは甘党にはたまらない! (小野真依子)

※現在、「日本の旬 瀬戸内・山陰」実施中。JTB旅の予約センター(℡0570・023・489)で、お得なプランを展開中だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ベトナムに完封負けも…森保U-21代表は優勝候補の韓国回避

もっと見る