名曲喫茶ライオン<下>世界一の音「100年サテン」の一手

公開日:

 ライオンが最も賑わったのは昭和30年代だった。10時の開店前から、かけてもらいたいレコードを風呂敷に包んだ客が店前に並んだ。現在は1階と2階での営業だが、当時は3階と地下にもお客を入れた。それでも入り切らないので、相席はごく普通のことだった。

 巨大スピーカーから奏でられる、どこまでも奥行きある音を求めて殺到する常連客。その中にモーツァルトだけを聴きにくる人がいた。本人には心の中で決めている指定席があり、そこに先客がいれば、空くまで待つというほどこだわった。演奏中に他の客が物音を立てれば、「うるさい!」と怒鳴った。

 店の従業員が内々に「モーツァルトおじさん」と呼んでいたそのお客は、ある日、首にタオルを巻いて現れた。「そのタオルにクリーニング屋の名前と住所、電話番号が書いてあったのね。ああ、この人はクリーニング屋さんなんだって」。ライオンの現オーナー、石原圭子さんは60年も前の話を昨日のことのように語る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る