• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“付き合い”よりも“睡眠”重視 若者に1万円の枕が売れている

 サラリーマンの価値観が変わってきた。先月発表の東京ガス都市生活研究所の「生活定点観測調査」は、その変化を如実に示している。

 それによると、「生活の力点」を「主に仕事に置いている」サラリーマンは、48.2%。東日本大震災があった2011年には58.6%だったが、14年は51.7%、そして今回と2回連続(調査は3年ごと)の低下だ。対して同じく「余暇に置いている」人は、41.3%(11年)→48.4%(14年)→51.9%(17年)と2回連続で増加し、初めて半数を超えたという。

 日曜日まで出勤して、“オレの価値観の中で一番大事なのは仕事――”な~んてスタイルは、もはや尊敬に値しない時代だということか。

 その「余暇」をどう過ごすかについての調査結果も興味深い。「キャンプや森林浴など自然の中でレジャーを楽しむ」派は、02年調査から毎回減っており、6回の調査で45.2%(02年)から、27.5%(17年)まで減少。激減と言っていい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る