• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

クラウドソーシングの罠 予算オーバーと値切交渉の挙句に…

 フリーランスが仕事を受ける窓口として、最近はクラウドソーシングという形も注目されている。インターネット上に発注者と受注者が集まり、サイトに公開・募集されている案件を受注者が検索、もしくは発注者が依頼をかけて、契約をするというスタイルだ。

 そのクラウドソーシングで日本最大級のサイトが「Lancers(ランサーズ)」。今回は、このランサーズを通じて仕事を受けたが、未払いとなってしまったフリーランスの話をしよう。

 経営コンサルティングの会社を退職し、フリーランスになった30代男性のNさんは、ランサーズに登録し、あるIT系ベンチャー企業から、“国際的な「ICO仮想通貨の技術を使った資金調達」の潮流と、日本でのICOの今後の展望と課題”について、調査・分析を依頼された。仮想通貨の知識もあるNさんにはぴったりの案件だった。

「早速、調査を始め、出したリポートは30枚弱。締め切りよりも前に提出しました。しかし、出した後に『予算オーバーのため』という理由で値切り交渉をしてきたんです。結局、フリーになって初めての案件だったこともあって応じてしまい、3分の1の値段になりました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る