• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元プロ卓球選手・松下浩二さんが続ける“腹六分目”の効能

 今年10月、卓球の「Tリーグ」が開幕する。松下浩二さん(50)は、その代表理事。今は寝る間を惜しんで準備に奔走している。

 もともとは世界を代表するカット主戦型の選手だった。バルセロナからアテネまで4大会連続でオリンピックに出場するなど、日本人初のプロ選手として活躍。2009年に引退後は、卓球用品総合メーカー「VICTAS」の社長に就任した。

 毎朝5時起きで帰宅は23時すぎ。しかも、2カ月に1回程度のペースで海外出張もこなしている。多忙のため、食事は3食とも外食というが、いまだに病気知らずだ。

■夕食は炭水化物抜き

「コンビニで買って済ませることもあれば、打ち合わせをしながらコーヒーショップで終わらせることも多いですね。出張のときはホテルのレストランで食べます。気を付けているのは炭水化物で、夕食のときはいっさい取りません。それと、なるべく魚や野菜を中心にして、腹六分目くらいに抑えること。今は時間に追われているので、ご飯には時間をかけない。だから味がしないんです(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事