• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元ハンド代表の東俊介さんが「25キロ増量」に成功した食事

 主将を務めた実業団の大崎電気で9度の日本一に貢献。日本代表でも主将として数々の国際試合で活躍してきた元ハンドボール日本代表の東俊介さん(42)。2009年の現役引退後は早大大学院でスポーツマネジメントを学び、現在は複数の企業で働きながらスポーツの普及に取り組んでいる。

 現役時代は191センチで100キロだったが、実業団に入った当初は75キロときゃしゃだった。ハンドボールは、走って跳んで投げてぶつかり合う「総合格闘球技」。とても選手としてやっていける体格ではなかったという。

■3年間で25キロ増量

「新人だったころは、余計な脂肪をつけずに体重を増やすために、毎日ゆで卵の白身を1パック(10個)食べなければいけないというルールがありました。卵はチームが用意してくれるのですが、すでに目標体重を達成している先輩の分も私に回ってくる。結局、毎日15個くらいは食べていましたね。最初のころはストイックに塩だけで食べていましたが、そのうち醤油やケチャップで味に変化をつけるようになり、ついにはマヨネーズを使用。黄身をのぞく意味があるのかな、と疑問に感じていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る