• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

10万円で請け負った音響制作 納品の翌々月に入金がなく…

「今日も未払い」

 そんなツイートを目にして連絡をとり、詳しく話を聞くことになったフリーの音楽家、Fさん。広告やゲームの音楽を制作する20代男性だ。

 通常なら、納品した月に請求書を送り、翌々月に支払われるのが暗黙の了解。ところが12月末に納品し、2月入金で請求書を送ったが、支払いがなかった。

「発注してきたのはアニメの制作会社です。古い友人が入社した縁で、広告アニメーションの音響制作をすることになったんです。仕事は、スタジオで収録した音声データを納品するというものでした。普段とは少し異なるイレギュラーな案件でしたが、声優たちを選定してスタジオを確保し、収録にも立ち会いました。金額は10万円プラス税。音響制作会社に頼んだら50万~60万円くらいになることもある仕事ですが、知り合いということもあって受けました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事