• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大隅潔さん<5>ジャンボ尾崎の機嫌を直した宮沢りえの一言

 あにはからんや。何度かジャンボに打診してみたが、結果は決まってケンモホロロ。しかし、年の瀬に編集局長から「もう一回、頼んでみてくれないか」と懇願された。

「ジャンボの居場所を探したら、年末に行われるゴルフ最終戦・日本シリーズへ向け、鹿児島でミニ合宿を張っていた。すぐ飛行機に飛び乗って彼の元へ行くと、ジャンボは露骨に“また来たか”という顔をして、『またおまえか、もう顔を見るのも嫌だから今回だけ出てやる』と承知してくれたのです」

 だが、これですんなりと事は運ばなかった。

「日本シリーズの直前にジャンボのお父さんが亡くなられて、トーナメントも欠場した。ジャンボは『父親の四十九日も終わっていないのに、元日の晴れがましい紙面には出られない』と言ってきたのです。そこを何とか説得し、最終的に元日の紙面には2人の写真と社告だけを出し、連載スタートは1月中旬にすることで折り合いました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事