大隅潔さん<5>ジャンボ尾崎の機嫌を直した宮沢りえの一言

公開日:  更新日:

 大隅さんは、43歳でゴルフ担当に変わる。時はバブル景気、そして尾崎将司の絶頂期だった。

「当時のジャンボってのはすごい人気でね。まさしくジャンボの時代でした。1992年1月1日付のスポニチ1面、つまり元日の新聞をその『ジャンボと宮沢りえを使って表紙を作りたい』と文化社会面から要請が来た。宮沢りえは当時18歳。91年11月に『Santa Fe』でヌードになり、それが社会現象になっていた頃です。

 宮沢の光子ママに出演依頼したところ、『ジャンボが紙上ゴルフレッスンするなら出てやる』とのこと。要するに、断るために一番できそうもない無理難題を吹っかけてきたわけです。当時、プロゴルファーと女優や歌手の紙上レッスンは、野球のオフシーズンの定番企画でしたが、どうしても出てくれないのがジャンボでした。ジャンボは『女性と子供には教えない』と強いポリシーがあったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る