• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大隅潔さん<5>ジャンボ尾崎の機嫌を直した宮沢りえの一言

 大隅さんは、43歳でゴルフ担当に変わる。時はバブル景気、そして尾崎将司の絶頂期だった。

「当時のジャンボってのはすごい人気でね。まさしくジャンボの時代でした。1992年1月1日付のスポニチ1面、つまり元日の新聞をその『ジャンボと宮沢りえを使って表紙を作りたい』と文化社会面から要請が来た。宮沢りえは当時18歳。91年11月に『Santa Fe』でヌードになり、それが社会現象になっていた頃です。

 宮沢の光子ママに出演依頼したところ、『ジャンボが紙上ゴルフレッスンするなら出てやる』とのこと。要するに、断るために一番できそうもない無理難題を吹っかけてきたわけです。当時、プロゴルファーと女優や歌手の紙上レッスンは、野球のオフシーズンの定番企画でしたが、どうしても出てくれないのがジャンボでした。ジャンボは『女性と子供には教えない』と強いポリシーがあったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  2. 2

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  5. 5

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

もっと見る