• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

夫婦善哉(難波)カップルで食べたい名物ぜんざい

 以前、大阪外食産業協会の30周年誌を作った時に、同協会員だったサトフードサービスの人から「夫婦善哉」について詳しく聞いたことがある。

 同店の始まりは明治16年、文楽の太夫だった竹本琴太夫こと、木文字重兵衛が「お福」なる店を開いた。この店の面白さは、1人前のぜんざいを2杯の椀に分けている点。重兵衛の妻と娘はめでたい代物のように説明していたが、実は2つの椀に分けた方がたくさん入っているように思うからだ。

 昭和15年に織田作之助が小説「夫婦善哉」を上梓、ここのぜんざいを文中に登場させると一躍ブームになる。蝶子が言うセリフ「一人より夫婦の方がええということでっしゃろ」は、この店の2椀のぜんざいに夫婦愛の意味も加え、いつしか大阪名物のようになってしまった。

 この風変わりなぜんざいを出していた店は、演出家の平井正一郎氏が引き継いだり、料理屋「みどり」がやっていたりと経営者が代わっていたのだが、サトフードサービスの創業者・重里進さんが法善寺横丁に「すし半」を営んでいた縁から「夫婦善哉」の火を消さぬようにと、昭和39年に暖簾を引き継いで今に至っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  3. 3

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  6. 6

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

  10. 10

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

もっと見る