• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

若者は「合理的」と抵抗なし シェアサービス拡大の予感

 モノやサービスを他人と共有する「シェアリング・エコノミー」。ジャパンネット銀行の調査によると、ミレニアル世代の6割以上で抵抗感がないという。一方、親世代では8割近くが抵抗を感じている。今後、世代交代が進めば「シェア」が定着していくだろう。若者の7割は「経済的」「合理的」と評価している。シェアでムダが省かれるということは、半面、経済の停滞を招くのではないか。

 調査は1月に行われ、18~25歳の男女500人、子どものいる40~50代の既婚男女603人から回答を得た。

 親世代は79%が「コミュニケーションが面倒」、64%が「自分の資産にならないことに抵抗を感じる」。若者は、77%が「経済的」、次いで「合理的」「賢い選択」「交流のきっかけになる」と好意的。受け止め方が世代間でクッキリ分かれた。

 皆で分かち合えば、経済的なのはわかるが、ムダの省略は、消費を縮小させはしないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る