• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

矢月秀作さん<1>ヌード写真の“スミ入れ”が最初の仕事

作家の矢月秀作さん(C)日刊ゲンダイ

 警視庁を退職し闇社会のトラブルシューターになった“もぐら”こと影野竜司が活躍する「もぐら」(中公文庫)シリーズは、累計100万部を超えた。著者の矢月秀作さん(53)は、サラリーマン経験者。神戸から上京後、アルバイトで職を転々としたのち、27歳のとき初めて小さな出版社に就職した―…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事