• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

餃子が世界に拡大中 ブームはアジアからヨーロッパへ

 激戦区は神保町、蒲田、立川……。さて、このエリアが何の激戦区かというと餃子(ギョーザ)である。餃子好きを自任する知人の巨漢営業マンは、「いや、新橋と赤坂は外せません」と、待ったをかける。

 確かに数年前から餃子はちょっとしたブーム。餃子女子なる言葉ができたり、渋谷では餃子とワインの組み合わせが女性にウケて成功した人気店もある。

 東京餃子通信の塚田亮一編集長が言う。

「ちょっと前からスペインバル形式のオシャレな餃子専門店が続々できて人気です。街中華とはまるで雰囲気が違います。赤坂の『GYOZA!365』や高円寺から移転した餃子バルの元祖、『餃子バル』などが典型。もっとも、餃子ブームは日本だけではありません。大阪王将はアジアに進出。台湾やシンガポール、タイなど数カ国に支店がありますし、フランス・パリでも日本人が開いた餃子専門店がヒットし餃子が注目されています。チャオズとかダンプリンの呼び方でなく『GYOZA』で広まっている点がいい。世界的流行のキッカケになると面白いですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る