• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“やっといて”はイジメ? 同じ言葉でアウトとセーフの理屈

「『職場のパワーハラスメントに関する実態調査報告書』(2016年度版)によると、パワハラが発生する職場に共通する特徴として最も多かった回答が、『上司と部下のコミュニケーション不足』(45・8%)でした。『あれ、やっといて』というありがちなあいまいな指示でも、上司との関係性がある部下は文脈から真意をくみ取ります。

 しかし、関係が希薄な部下だと、『どういう意味なのか』『非難されているのか』と疑心暗鬼になる。それが積み重なると、部下は『いじめられてるんだ』と誤解しかねません。たとえ怒鳴ってもパワハラ呼ばわりされない上司は、怒る意図もきちんと説明します」(新田龍氏)

 電通の一件のように仕事とは関係なく人格を否定したり、会議の場や部内一斉メールなどで公開処刑したりするのは、見せしめ的な要素が強く、明らかにアウトだが、それ以上に無自覚、無知でのパワハラが怖い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  5. 5

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  6. 6

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

  7. 7

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  8. 8

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

  9. 9

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  10. 10

    まだあるNEWS小山の“未成年飲酒”目撃談…六本木では有名人

もっと見る