CMはおなじみでも中身は…なぜ子供は昔話を知らないのか

公開日:

 桃から生まれた男の子が犬、猿、キジを連れて鬼退治へ。そんな昔話は親に読み聞かせてもらったり、「ぼーやー」でおなじみの「まんが日本昔ばなし」で見たりして親しみ、何となく覚えているものだろう。しかし、最近の中学生たちはこうだ。

「auのCMもあるし、桃太郎の存在は知ってるけど、話は知らない」

「金太郎って何者?」

 大学生たちに聞いても似たり寄ったりだ。

「さるかに合戦? 笠地蔵? 何ですか、それ」

 昔話は消えつつあるようだ。公立中学の国語教師はこう話す。

「35年近く教職にいますが、最近の子供に通じないのは、昔話だけではありません。ことわざや慣用句もまったく通じなくなったことを感じています。思い当たるのは、親たちがそれらを日常生活で使わなくなったのがひとつ。もうひとつは、多面的な考え方の影響です。昔話は、悪や正義を偶像化・擬人化して、単純で一方的な勧善懲悪的なストーリーですが、そういう物語は減りつつある。多様性を重視し、一面的なものの見方を排除しようという考えが働いているからでしょう。しかし単純だからこそ、想像を膨らませ、成長していく過程で足りない面を考えられるようになることがあるのですが……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る