• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

進化生物学的にも理にかなう 妻の不倫を防ぐ“夫の3カ条”

 妻の不倫予防3カ条は、進化生物学的にも、つじつまが合うのかもしれない。小松氏は、「生殖細胞を作るためのコストがオスとメスでは大きく異なります。ヒトのオスは精子を量産できるのに対し、メスの卵子は月に1個程度。さらに、ヒトは子育てに大きな労力を費やします」と話す。いきおい女性は、相手が自分のことを物理的、経済的に守ってくれる存在かどうか、慎重に見極めることになる。だから「守られている」「大事にされている」と実感できるような言動が、夫が思う以上に妻にとっては切実なのだ。

 いくら道徳的にダメだといっても不倫はなくならない。進化生物学の知見に学ぶことが、撲滅への近道かもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る