• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

進化生物学的にも理にかなう 妻の不倫を防ぐ“夫の3カ条”

 年明けも不倫ネタだ。フジテレビの秋元優里アナ(34)が妻子持ちの40代後半の番組プロデューサーと“野外密会”を重ねていたと発売中の「週刊文春」が報じた。

 秋元アナは5年後輩の男性アナ(29)と結婚し長女がいる。いわゆるW不倫だ。不倫に走る人妻の話が後を絶たないのはナゼか。生物が自らの遺伝子を次世代に残すため、どのように行動しているかに注目する進化生物学の立場から見れば、不倫(婚外交尾)に走る妻(メス)の行動は、それなりに合理的な理由があるらしい。

「いじめは生存戦略だった!?」の著者で多摩大学情報社会学研究所客員准教授の小松正氏によると、仲むつまじいと思われている鳥類のつがいには、数%から30%の割合で婚外交尾による子がいるという。

■鳥類の3割は婚外子

 こうした鳥類の婚外交尾は、次のような状況で生じるらしい。①母子家庭で子育てをすると大変だからメスはつがいになろうとする②一方で、モテるオスは多くのメスに人気があり、つがいになれる機会は少ない。あぶれたメスは次善の策として、平凡なオスとつがいになり子を育てる③平凡なオスとつがいになりつつも、機会があればモテるオスと婚外交尾してしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  5. 5

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る