• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

阪大入試ミス “1年遅れ合格”の経済的損失は1人1000万円超

 だったら阪大に転入せず、現役のまま他大を卒業した方がいいかといえば、そういうものでもないらしい。「キレイゴトぬきの就活論」の著者で大学ジャーナリストの石渡嶺司氏はこう言う。

「1、2年の浪人、留年なら就職活動への影響はほとんどありません。阪大を落ち、現役で旧帝大以下の国公立や有名私大に進んで就職するより、数年遅れでも阪大に入った方が大手企業に入れる可能性は高い。入り直す価値は十分あります」

 とりわけ今回の30人はいずれも理系学部。メーカーの研究職など引く手あまただ。

「多くの大手メーカーでは入社後に、旧帝大クラスの出身者を対象に大学院の学費相当の奨学金を出す制度を持っていますし、出世コースにも乗れる。このクラスの大学出身者は、やはり優遇されます。医学部なら、将来、大学病院での研究や開業することも考えるでしょう。阪大は学閥も大きく強い。結果的に浪人して東大、京大に受かったのならともかく、捨てるにはもったいないブランド力を持っています」(石渡嶺司氏)

 入試ミスは許し難い。とはいえ、簡単に切って捨てるわけにも……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る