• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

忍び寄る 「健康格差」 NHKディレクター神原一光氏が警鐘

  ――とはいえ、健康に無頓着な人も多いですよね。

 確かにそういった方はいらっしゃる。でも、不健康な人が多くなれば医療費は増大し、国民全体の負担が増えていくことになります。「自分は健康だから関係ない」は通用しません。社会全体で健康水準を底上げしていかないと、健康な人も足を引っ張られ、皆が沈んでしまう可能性がある。そこでよく出てくるのが自己責任論です。

  ――確かに、普段から健康に気を配っている人が、「健康は自己管理するもの。何で不摂生している人の医療費を負担しなきゃいけないんだ」と思ってもおかしくはありません。

 実際に番組の討論でもそういった意見は出ました。私も「そうかもしれないな」と思ったこともありました。しかし、いまや非正規雇用の人たちは40~50代に突入している方も多く、世代的に言えば「団塊ジュニア」ですから、相当なボリュームです。この世代がさらに高齢化していくと、自身の生活もさることながら、社会保障制度そのものも危うくなってくる。もはや自己責任論を議論している段階ではなくなっています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る