一斉メールか手書きか 仕事につながる年賀状のポイントは

公開日:

 年賀状を書こう――人気アイドルグループ・嵐が年賀状のCMに起用され、メールに押されて低迷する年賀状のテコ入れに躍起だ。

 年賀状は1949年に発行された50年用が初めてで、1億8000万枚発行された。その後右肩上がりで増え続け、03年に44億5936万枚でピークを打つと、減少に転じ、昨年は25億8600万枚とほぼ半減だ。

 それだけに、毎年この時季になると、「年賀状を書くべきか、一斉メールで済ますか」を悩む人は少なくないだろう。仕事上のつき合いがある人からもメール賀状が届いたりするから、楽な方を選びたくなる。結局、どちらがベターか。

「リーダーの基本」などの著書があるビジネスコンサルタントで、SBIモーゲージ(現アルヒ)元取締役執行役員常務の横山信治氏が言う。

「これだけパソコンが普及しているので、全部手書きはつらい。楽をできるところはうまく手抜きしながら、手書きのメリットも取り入れるのがベターです。私は、表の宛名と裏の文章は印刷していて、文章にひと言手書きのコメントを添えるようにしています。そうすると相手が受け取る印象が全然違いますから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る