日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

人手不足深刻であの手この手…企業内託児所に高まる期待

 牛丼のすき家などを展開するゼンショーホールディングスも、すでに茨城県内で2カ所の保育園を運営している。日本マクドナルドは、全国2900店舗で主婦向けアルバイト体験会を実施……とまあ、働きやすさのアピールに躍起だ。

「コンビニも外食も、外国人留学生のバイトなしには成り立たなくなっていますが、やはり言葉や文化の壁はありますからね」(前出の外食チェーン店長)

 長い目で見れば、主婦のほうが使いやすいということらしい。

「主婦を集めるために託児施設を充実させる。それができるのは、余力のある大手や右肩上がりのベンチャーだけで、中小企業はそうもいかない。いっそのこと、行政があれこれ考えるより、もっと民間にお金を出し、民間の知恵で企業内の託児施設を増やしたほうが、人手不足も待機児童の問題も解決に向かう気がしますね」(経済ジャーナリスト・岩波拓哉氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事