日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
横山光昭
著者のコラム一覧
横山光昭家計再生コンサルタント

1971年生まれ。家計再生コンサルタント、マイエフピー代表取締役、ファイナンシャルプランナー。1万人以上の家計を再生した実績を持つ。近著「はじめての人のための3000円投資生活」(アスコム)は50万部突破のベストセラーに。

子どもの「教育費」で老後破綻しないための基礎知識

 学費は学校によってさまざまですが、私の娘は私立理系に通い、卒業までに700万円ほどで収まる見込みです。

 準備すべき大学進学費用は、1人につき500万~700万円を考えておけば十分でしょう。しかも、一度に全ての金額が揃っていなくてはいけないというわけではありません。入学初年度分、多く見積もって300万円ほどを目指して準備しましょう。

■木の上に立って見る

 入学後は、奨学金を利用するという選択肢もあります。子どもがバイトをして学費の一部を準備するなど、さまざまな手段で乗り切ることができます。

 教育費はかけようと思えばキリがありません。家庭教師に塾、ピアノ、サッカー、水泳、英会話……。たくさんの習い事をさせ、立派な私立学校へ通わせ、1カ月の教育費が10万円以上というご家庭も結構多くあります。高所得で貯蓄ができないという家庭は、この教育費の負担が大きいことが原因となっている場合が多いようです。そして、私立学校の多い東京では、毎月数万円の授業料を当たり前と思う親も多いですし、習い事などをさせ、手もお金もかけてやるのが当たり前と思いがちです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事