日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

浴びないのは実は不健康 太陽光が体に良い「3つの理由」

「肌が汚くなる」「目が悪くなる」「老化を促す」――。すっかり悪者扱いされている紫外線だが、本当は体に良いとする研究も少なくない。日焼け止めクリームや日傘などで紫外線を完全シャットアウトしているあなたは、実は健康を損ねているのかもしれない。

「紫外線を浴びることで血圧が下がることが報告されています」

 こう言うのは東邦大学医学部の東丸貴信名誉教授だ。報告したのは皮膚科学のエキスパートで英国エディンバラ大学のリチャード・ウェラー医学博士。皮膚が紫外線にさらされると、皮膚細胞に蓄えられた一酸化窒素が放出されることで血管が広がり、血圧が下がるという。実際に日焼けマシンを使った実験では使用後1時間で血圧が下がったことが確認されたという。

「紫外線により、血管拡張物質である一酸化窒素が皮膚から放出され、この一酸化窒素がサイクリックGMPを活性化します。これが血管の太さを調整する血管平滑筋に働いて動脈を拡張させるのです」(東丸名誉教授)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の健康記事