日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【サワークリームのたたききゅうり】ド定番のアメリカンVer.

ザ・グッド・バイブス(東京・浅草橋)

 男のツマミで定番食材の筆頭格である「きゅうり」。中でも、たたききゅうりはスターターにも箸休めにもなる万能メニューだ。

 だが、きゅうりに一手間加えるだけの簡素なメニューも、味付け次第で和洋中とさまざまなジャンルにアレンジができる奥深さを秘めている。

 それぞれ好みのたたききゅうりがあるだろうが、“アメリカンテイストは初めて”という人も多いのではないか。半信半疑で食べてみても納得のうまさ。組み合わせの妙に脱帽だ。

「夏場には店でもメニューに載る一品ですが、きゅうりは一年中買える野菜ですし、とりわけ季節を意識しないで作れるということでいいかな、と。サワークリームで和えると程よい酸味が生まれ、そこにディルの爽やかさ、ライムの柑橘類ならではの酸味と香りを添えました」

 きゅうり以外は冷蔵庫に常備されている食材とは言い難いが、レパートリーにぜひ加えたい。たたききゅうりのうまさと奥深さを再認識すること請け合いですよ。

《材料》
・きゅうり      1本
・サワークリーム 大さじ1
・ディル(生)   1本分
・塩、こしょう   各適宜
・ライムの皮     適宜

《作り方》
(1)きゅうりは両端を切り落とし、横に5等分に切り、包丁の腹などで軽くつぶす。ボウルに入れ、塩(小さじ1)をまぶし手で揉んで10分程度置く。しんなりとしたら、水けを軽く絞る。
(2)①の中にサワークリーム、細かく刻んだディル、塩、こしょうを加え、混ぜ合わせる。
(3)皿に盛り、すりおろしたライムの皮を振りかけて出来上がり。

今日の達人 星阿騎野さん

▽ほし・あきの
 1986年8月9日、東京生まれ。大卒後、渋谷のビストロで働いたのち、オープン以来4年連続でミシュラン1つ星を獲得する高級フランス料理店「ジャンジョルジュトウキョウ」の米澤文雄シェフの下で2年間働き、「ザ・グッド・バイブス」の開店を機に同店長に。生まれも育ちも浅草の江戸っ子で姉2人の末っ子長男。女性の心をわしづかみにする料理はお手のもの。

▼ザ・グッド・バイブス
 秋葉原と浅草橋の駅からそれぞれ徒歩圏内のビル1階に17年3月にオープン。必食の5日間かけて作る厚切り絶品パストラミをはじめ、具だくさんのハンバーガーやサンドイッチのほか、アルコールが進むアメリカン料理が並ぶ。マヨネーズに薫製卵などいずれも自家製。一つ一つ愛情と手間がかけられている。オーナーは米澤シェフの美人妻の江美子さん。
東京都台東区浅草橋5―4―2
℡03・5829・6815

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事