日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【ポテトとベーコンのナチョス風】じんわ~り辛さで箸が止まらない

ザ・グッド・バイブス(東京・浅草橋)

 ジャガイモとベーコンの相性の良さは誰もが知るところ。ザ・グッド・バイブスでも、夜のメニューリストに「クリスピーポテトとBBQポークのナチョス」をラインアップし支持されている。そんなお店の定番を家庭でも簡単に作れるようにアレンジしたダンツマバージョンは、ナチョスもどき。

「ナチョス料理のようにチーズを上からたっぷりとのせるのがポイント。ジャガイモがカリカリに焼いたベーコンのうま味とともにすべて受け止めてくれます」

 忘れてはいけないのが、ピリッと独特の辛さを持つハラペーニョをトッピングすること。メキシカンな刺激は癖になるんだなあ、これが。ついつい食べ過ぎてしまう。

 アルコールはなんでもござれだが、とりわけ赤ワインやビールとの相性がいい。黒ビールもいいゾ。NYマンハッタンのダイナーで一杯引っかける気分が味わえるはず。

《材料》
ジャガイモ 中2個
ベーコン(薄切り) 2枚
黒コショウ 適宜
ミックスチーズ 30グラム
ハラペーニョ(瓶詰あるいは缶詰) 5枚
BBQソース(市販) 適量
イタリアンパセリ(飾り用) 適量

《作り方》
(1)ジャガイモは丸のままゆでて、熱いうちに皮をむき、一口大の角切りにする。ベーコンは1・5センチ幅に切る。
(2)フライパンにベーコンを入れて火にかけ、脂を出す。ジャガイモを加えて混ぜ合わせ、黒コショウを振りかける。
(3)②を耐熱皿に入れ、その上にミックスチーズ、BBQソースの順でまんべんなくのせる。
(4)オーブントースターで4~5分間、チーズが溶けてこんがりと焼き色がつくまで焼く。ハラペーニョを散らし、イタリアンパセリを飾って出来上がり。

今日の達人 星阿騎野さん

▽ほし・あきの
 1986年8月9日、東京生まれ。大卒後、渋谷のビストロで働いたのち、オープン以来4年連続でミシュラン1つ星を獲得する高級フランス料理店「ジャンジョルジュトウキョウ」の米澤文雄シェフの下で2年間働き、「ザ・グッド・バイブス」の開店を機に同店長に。生まれも育ちも浅草の江戸っ子で姉2人の末っ子長男。女性の心をわしづかみにする料理はお手のもの。

▼ザ・グッド・バイブス
 秋葉原と浅草橋の駅からそれぞれ徒歩圏内のビル1階に17年3月にオープン。必食の5日間かけて作る厚切り絶品パストラミをはじめ、具だくさんのハンバーガーやサンドイッチのほか、アルコールが進むアメリカン料理が並ぶ。マヨネーズに薫製卵などいずれも自家製。一つ一つ愛情と手間がかけられている。オーナーは米澤シェフの美人妻の江美子さん。
東京都台東区浅草橋5―4―2
℡03・5829・6815

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事