日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

氷川きよしが待ち焦がれた 月に1度のミートスパゲティ

氷川きよしさん(C)日刊ゲンダイ

 若手のホープといわれた氷川きよしさん(39)は9月で四十路を迎えるが、演歌界を支えるスターにとって、今も変わらないのは家族との交流だ。暮れは紅白歌合戦に出場。正月には東京で家族との時間を過ごすが、必ず用意されているのが故郷・福岡の代表的料理、がめ煮である。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事