• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ジム通いでお尻に自信 天木じゅんの「ボン・キュッ・ボン」

 身長148センチと小柄で童顔なのにIカップという、“究極のアンバランス2次元ボディー”で注目の天木じゅん(22)が1年半ぶりに写真集「Jun_limited」(講談社)を発売。

 初のハワイロケで“エロく、明るく、美しく”仕上がったエロすぎるポーズの数々は生ツバもの。ビキニからはみ出る爆乳だけでも気になるのに、ランジェリー姿あり、ヌードあり、まるで彼女とベッドにいるような気分になる作品だ。

「ずっとヤンマガ(「ヤングマガジン」)から写真集を出すのが夢だったので、うれしくて何でもチャレンジしてみました。テーマをガチガチに決めずに撮ってみたのが自然で良かったのかなって思っています。今回のためにジムに通ってお尻を大きくしたんです。今までは胸の割にお尻が貧弱で……。それがトレーニングでヒップが84センチから93センチにアップして、ボン・キュッ・ボンになりました! 胸は遺伝なので母の方が大きいくらいなんですけど、お尻と胸、2つ武器ができたおかげで魅せるポーズも増えて楽しいです」

 お気に入りのポーズはあるのだろうか。

「ショーツ脱ぎかけポーズかな。大島優子さんの写真集を見てカワイイって思って、今度私もやってみたいなって。お尻のおかげで脱ぎかけポーズも自信をもって見せられました。撮影中はランジェリーが私の好きなものばかりでテンションが上がりましたね。中でも胸にスワンの刺しゅうがついたレーシーなブラと星柄のデザインのブラがお気に入りです。星柄のほうは私服で同じものを持っていて、私服の下着を見られた感じで恥ずかしかったです(笑い)」

 現在はグラビアからバラエティー、ドラマと活動の幅を広げている。

「アイドルだと常に完璧な笑顔でファンの方に応えたいっていう思いが強くなります。グラビアだと自分も知らなかった素の笑顔とか、毎回いろんな自分に出会えるのが楽しいですね。どちらも自分なので好きですけど、今はグラビアで“大人になった天木じゅん”をぜひ見て欲しいです」

▽1995年、兵庫県生まれ。身長148センチ、バスト95センチ、ウエスト59センチ。13年から芸能活動を開始。15年にアイドルを卒業し、グラビアと女優活動に専念。4月放映予定のドラマ「声ガール!」(朝日放送系)に出演予定。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る