素人丸出しの私にとんねるずタカさんはよくしてくれた

公開日:

新田恵利編<5>

 おニャン子クラブは、さながら女子高だ。フジテレビの控室に集合すると、わいわい、がやがや、場所もないほどで、私はトイレで着替え、化粧していた。

 食堂でサインを考えるように言われて、皆、見よう見まねで自分の名前を崩した。ノートで練習して、初めて色紙にサインしたうれしさと恥ずかしさは今も忘れない。

 とはいえ、アルバイト気分の女子高生は、なかじ(中島美春)と私くらいだと気づく。(国生)さゆりちゃんを筆頭に芸能界で生きていこうと本気のメンバーがいて、後から入ってくる子のほとんどがそこに続いた。立見(里歌ちゃん)と内海(和子ちゃん)がその中間。やがて、このあたりに見えない線が引かれていく。

 タカさん(とんねるず石橋貴明)は、素人丸出しの私によくしてくれた。東京都板橋区の成増で育ち、上福岡に住んでいた私と同じ東武東上線ということもあり、各停の車両の床はまだ板張りだと笑った。その日もスタジオ入りすると、椅子に座って手招きしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る